社会福祉士の求人や資格を取る通信教育について

スポンサードリンク

社会福祉士の仕事

社会福祉士

社会福祉士とは、「社会福祉士の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者(福祉サービス関係者等)との連絡及び調整その他の援助を行うこと(相談援助)を業とする者」と定義されています。


つまり、社会福祉士の仕事は社会福祉が必要な人に対する相談と援助を行うことが主要な業務といえます。


「相談」には、高齢者に関する相談、家族や児童に関する相談、障害者に対する相談などがあります。


「援助」には、相談者のニーズを把握、提供する福祉サービスを含めた援助計画の立案、援助を実施する際の連絡や調整などが挙げられます。


ただ、社会福祉士は、社会福祉分野の職種すべてをカバーする資格ではありません。


多様化する社会福祉サービスを的確に利用できるように相談に応じ、他の福祉専門職と連携を図りながら相談者のニーズにあわせて社会福祉サービスのコーディネートを行う仕事といえます。

社会福祉士の職場

社会福祉士の活躍できる場としては、以下のような職場があります。


1.行政及び社会福祉関連機関

福祉事務所や社会福祉協議会、児童相談所、婦人相談所など地域社会の福祉を支える各種相談所の相談員として活躍しています。


2.生活を保護するための施設

救護施設や更生施設など、最低限の生活を保障し自助努力の促進を目的とする各種生活保護施設において重要な役割を担っています。


3.高齢者のための施設

養護老人ホームや老人保健施設、ケアハウスなど高齢福祉全般に関わる施設で相談業務など多種多様な活動をしています。


4.児童・女性・母子のための施設

児童養護施設や婦人保護施設など家庭で適切な養育を受けることができない児童や何らかの原因で家庭生活を営むことができない女性に対して援助を行う施設で指導や相談を行っています。


5.障害者のための施設

身体障害者療護施設や知的障害者福祉ホーム、精神障害者生活訓練施設などで障害者が社会的に自立した生活ができるように援助やケアサービスの調整を行います。


6.その他

民間企業やNPO法人が実施している福祉サービス分野や、医療の現場で医療ソーシャルワーカー(MSW)として活躍できます。

スポンサードリンク